日本科学史学会役員選挙について 選挙管理委員会公示

注目

『科学史通信』443号に、日本科学史学会の会長・委員・監査選出に関する選挙要領
が公示(下記リンクをクリック)されました。

日本科学史学会役員選挙について 選挙管理委員会公示

本公示に記載されている、推薦届・立候補者の言葉の様式は下記のリンク先にありま
す。ダウンロードしてご利用ください。

自薦用推薦届

他薦用推薦届

立候補者の言葉

2020年11月7日(土) 第117回東海支部例会(再度)のご案内

東海支部例会を再開いたします。

日時  2020 年11月7日(土)PM 1:30 ~PM 5:00

場所  労働会館本館

発表者

    保坂秀正氏  「十進位取り記数法とメートル法とオイラー」

    月澤美代子氏 「医療情報は、どのように伝達・評価されたか-明治 23-24 年コッホ 氏 結核新治療薬「ツベルクリン」を事例として-」 (次回以降に延期予定)

地図

労働会館   TEL 052-883-6974  名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

※なお、コロナ禍の折、対策を図って実施したいと思います。詳細は、後日ご連絡いたします。

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

2020年11月7日東海支部例会

皆様、お元気でしたでしょうか。
この度、急遽例会を開くことにいたしました。急いでいますので、詳細は後程お送りしますが、まずは連絡まで、ということで以下のことをお知らせします。

日時  2020年 11月7日(土) PM1:30 ~PM5:00
場所  労働会館(金山) 小会議室
発表者 保坂氏

                       連絡係  菊谷秀臣 052-803-7380

11月15日科学史と教育の研究会のお知らせ

●11月の研究会は以下の通りです。
2020年11月15日(日) 8:50~12:30

その後の予定は、12月13日(日)、2021年1月17日(日)、2月7日(日)、3月21日(日)です。来年度は定例化を検討したいと思います。(例えば、第3日曜日とか)

 ・資料は, 3日前の木曜日までに,添付送信してください。
 ・事前に申し込まれた資料にしたがって,発表と検討をしていきます。
  ・発表される方は,「何を」,「どこを」検討してほしいのかを明確にして下さい。時間の制約があるので焦点をしぼってください。

※  参加費 0円
※ 資料を募集します。資料のない方の参加も歓迎です。
※ ZOOMのやり方や使い方等については佐藤正助さんがやさしく教えてくれます。
※ 興味のある方は,佐藤正助さんmakke@extra.ocn.ne.jpに連絡して下さい。

●10月11日(日)の研究会の発表の報告

・菅井孝二   「歴史資料に学ぶ~〈大和川付け替えの歴史と今〉」 
・兼子美奈子 「板倉聖宣 マーセット夫人とその著書について」
・柳沢克央   「日本学術会議成立の歴史について」
・橋本五郎  「住井すゑさんの思想」
・多久和俊明 「板倉聖宣の組織論」
・佐藤正助   「政治学は科学となりうるか」

資料発表について活発な議論ができたと思います。いろいろな立場の方の意見が出され,新しい研究や交流等のきっかけなったように思います。心より感謝申し上げます。

参加者 16名

2020年10月18日公開シンポジウム/歴史教育シンポジウム のお知らせ

公開シンポジウム/歴史教育シンポジウム
「大学入試改革と歴史系科目の課題」
主催:日本学術会議史学委員会/日本歴史学協会
共催:高大連携歴史教育研究会
日 時:2020年10月18日(日)13:00~
オンライン開催・参加費無料・先着受付
参加登録用ウェブサイト https://forms.gle/pXbfWtmz6DbG58JKA

2020年10月24日(土)科学史学校の中止

2020年10月24日(土)「科学史学校」の会場開催は中止とさせていただきます。別日程でのzoom開催に向け準備中ですので、日時や参加方法など、決定次第ホームページでご案内します。

新型コロナウイルス感染症拡大のため、今年2月より科学史学校を開催できておりませんが、これまで中止および延期になった講演についても、日程を調整しておりますので、新しい形での科学史学校の開催に、皆様のご協力よろしくお願い致します。

【第24回科学史西日本研究大会(12/5)のお知らせ】

第24回科学史西日本研究大会は12/5(土)にオンライン方式(Zoom使用)で開催することとなりました。下記に大会概要をお知らせいたします。
ご発表の申し込みを希望される方は【11月13日(金)】までに下記案内にしたがい武田さん(阪神支部)宛にお申し込みください。なお、ご参加のみの方のお申し込みは、11月中にあらためてお知らせいたします。

第24回科学史西日本研究大会

1.日 時: 12月5日(土) 10:00~18:00(予定)
2.主 催:日本科学史学会京都支部・阪神支部・中国支部・四国支部
3.発表者は最大12名とし、日本科学史学会会員に限ります。申し込み者数が定員を上回った場合は、業績発表の場を確保するという観点から、若手研究者(概ね35歳未満)を優先します。若手研究者以外の方は先着順となります。
4.発 表:
 ア. 発表25分+質疑応答5分
 イ. Zoomを使用し、資料を画面共有しながらご発表下さい。エントリーにあたっては、ご自身でネット環境・スキルをご確保ください。
 ウ. 発表資料は、12月3日(木)までに武田までご提出ください。事前に参加者にメールにて配布いたします。


第24回科学史西日本研究大会の発表申し込をします。

氏名(                )

発表題目(                                 )

勤務先・所属(                  )

E-mail(                  )

若手研究者の優先対応が必要な場合のためのご選択(35歳未満である・ない)

申込締切(厳守) 11月13日(金)

申込先 武田 裕紀(阪神支部)
    E-mail :moliereアットyd5.so-net.ne.jp(アットを@に変更ください)

国際会議 学位論文賞締切迫る


来年開催される科学史技術史国際会議(プラハ)にむけての学位論文賞(2021 DHST Dissertation Prize)の締め切りが迫っています(下記)。関係する方は応募していていただくようにとの、IUHPST/DHST Mike Osborne会長からのメッセージです。また国際会議の個別論文締め切り等もDHSTの関連webページをご覧下さい(木本)。
 締め切り: 2020年10月1日 (22:00 GMT).
 対象:   2018 年9月1日から 2020年9月1日までの博士論文.
 詳細は  http://dhstweb.org/awards/dhst-dissertation-prize