諸研究会:三井三池炭鉱事故と科学・技術史研究

研究会名: 三井三池炭鉱事故と科学・技術史研究会

連絡責任者 : 木本忠昭  tadkimoto
(メール送信をする場合、後ろに@gmail.comをつけてください)

趣旨と概要 :1963年11月9日三井鉱山三池鉱業所三川抗で起きた、死者458名、一酸化炭素中毒患者839名の事故は、戦後最悪の炭鉱事故・労災事故と言われるが、この事故は1950年台後半から展開された日本「エネルギー革命」の特質を象徴するものでもあり、また、その後の事故原因究明と被害者救済過程は、戦後日本における科学、技術、科学者・技術者、行政の特質を典型的に示すものであった。事故原因の解明には、荒木忍の炭じん説潰しに、中央科学者が動員され、事故原因は結局は曖昧にされ、患者救済も不十分で遅れる。この頃の炭鉱問題は、総労働と総資本の対決でもあったところから本事件は社会史的にも重大な歴史的意味を持ったことは誰も否定しない。また、この日本の歴史転換ともに、近代日本の基盤的な明治以来の主要産業と「工学」体系も大きく転換されている。しかし、この時期の日本技術史・科学史の歴史的変化を日本史の転換に相応させて分析する作業はなお不十分ではなかろうか。

  本事故のco中毒患者と荒木忍の資料は現在、大牟田市立図書館にあるが、とりあえずは、事故原因を巡っての荒木忍や御用学者のなした仕事を資料に基づいて明らかにし、更には、日本鉱山・炭鉱史、事故史、科学行政史、科学・技術者史、工学史等にまで踏み込んで行きたい。

運営と参加:  本問題への関心者は、他地域に分布しているため運営の基本はメーリングによる情報交換会とし、学会年会等の機会に研究討論意見交換会を行います。

      MLの設置については、security等を検討して決定します。当面は、参加希望・情報共有希望(受取りと投稿の両方ともに)は、上記の連絡先にお送りください。

なお、メールによる情報交換であることに鑑み、以下のことに強く配慮してください。

      A.情報投稿する場合ーーデータ等は出典を明示すること。

      B. 投稿された情報を自分の論文で利用される場合ーー

            (1)必ず自分で、当該資料を確認し、

            (2)「三池炭鉱事故研究会より資料示唆」と 明記するとともに、情報提

                 供者の発見提供努力に配慮する、

            (3)その資料の存在場所も、わかる場合は明記する。

諸研究会の情報:フランス科学史・科学哲学研究会

研究会名: フランス科学史・科学哲学研究会 

運営責任者: 平井正人 連絡先
(個人: s08679mh
後ろに @gmail.comを追加してください
研究会: groupe_de_lecture_de_georges_canguilhem@googlegroups.com

研究会の趣旨・概要

続きを読む

2019年12月7日(土)「科学史学校」開催案内

2019年12月7日(土)14時~16時

(予約不要、入場無料、どなたでもご参加いただけます)

講師:中村 士 会員 (大東文化大学)

演題:「古星図・星表の新しい年代推定法―キトラ古墳天文図を手掛かりに」 

会場:明治大学 駿河台キャンパス 「研究棟 2階 第9会議室」(JR御茶ノ水駅から徒歩5分) ★前回の会場だったリバティータワーの1階「左奥の通路」を通り、「研究棟」のエレベーターで2階に上がってください。当日、ご案内の看板を設置します。

https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

古代から近世以前までの星図・星表に記された恒星位置の観測年代の決定は、天文学史における重要な研究テーマの1つである。7世紀末前後に描かれたとされるキトラ古墳天文図の観測年代推定の試みが契機で、多くの歴史的星図・星表に統一的に適用できる新しい統計学的手法を開発した。本講演では、その概要と特徴を、拙著『古代の星空を読み解く―キトラ古墳天文図とアジアの星図』(東京大学出版会、2018年)に基づき紹介する。

2019年10月26日(土) 第116回東海支部例会報告

日時 :2019年10月26日(土) 13:30~17:00

場所 :労働会館 本館(地図参照)(TEL:052-883-6974)

発表者・内容

(1)豊原直樹 :「堀越二郎と日本の航空機技術の特徴」

(2)河村 豊(東京高専):「海軍島田実験所と物理学者動員について」         

  (電波兵器と軍民両用性の検討も兼ねて)

出席者 : 14名

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

関東支部からのお知らせ

科学史学会関東支部ではメーリングリスト(ML)を作りたいと思います。
まずは、関東支部に属す方々のメールアドレスを集めています。
関東支部メールアドレスにご自身のメールアドレスをお送りください。

関東支部メールアドレス
kanto
(@historyofscience.jpを追加してください)


関東支部代表 矢島道子

2019年12月1日東北支部例会のお知らせ

下記のとおり第165回の例会を開催いたします。どうぞご参集ください。

演題「ミスター半導体 西澤先生の偉業とそのお人柄」
講師 江刺正喜氏
(東北大学名誉教授・(株)メムス・コアCTO)

日時 2019年12月1日(日) 14:00~16:30
会場 仙台市戦災復興記念館 4階研修室
(入場無料、どなたでも参加できます。事前登録等も不要です。)
<講演概要>

続きを読む

2019年11月16日第23回科学史西日本研究大会プログラムのご案内

第23回科学史西日本研究大会プログラムを案内いたします。
今回は徳島(四国支部)での開催となります。奮ってご参加ください。


第23回科学史西日本研究大会

1.日 時 2019年11月16日(土)10:00~17:00
2.会 場 徳島大学蔵本キャンパス内、蔵本会館(生協)2階 多目的室2
      西門より入ると、正面に見える薬学部棟の背後、生協の建物
      詳細はキャンパスマップ参照
      http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/kuramoto/
3.主 催 日本科学史学会京都支部・阪神支部・中国支部・四国支部
      徳島科学史研究会
4.参加費 無料

続きを読む