11/16(土):第23回科学史西日本研究大会プログラムのご案内

第23回科学史西日本研究大会プログラムを案内いたします。
今回は徳島(四国支部)での開催となります。奮ってご参加ください。


第23回科学史西日本研究大会

1.日 時 2019年11月16日(土)10:00~17:00

2.会 場 徳島大学蔵本キャンパス内、蔵本会館(生協)2階 多目的室2
      西門より入ると、正面に見える薬学部棟の背後、生協の建物
      詳細はキャンパスマップ参照
      http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/kuramoto/
3..主 催 日本科学史学会京都支部・阪神支部・中国支部・四国支部
      徳島科学史研究会
4..参加費 無料

5.次 第
 
10:00 ~ 開会挨拶

10:05~10:30 小長谷大介(龍谷大学)
      「1929年のハイゼンベルク・ディラックの訪日に関する理研資料」
10:30~10:55 四宮 義正(徳島) 
      「寺田寅彦と岩波茂雄―岩波書店の出版物から寺田の貢献を探る―」
10:55~11:20 西條 敏美(徳島)
  「蘭学者・橋本宗吉の徳島の門人たち-玉井民庵と高市之助、現地調査をして」

        小休止 15分

11:35~12:00 市川  浩(広島大学大学院総合科学研究科)
      「ハイム・ヨシフォヴィチ・ガルベル(1903~1937)-マルクス主義技術論の源流-」
12:00~12:25 八耳 俊文(青山学院女子短期大学)
      「重曹の「重」とは:化学物質の命名の歴史」

     昼休み(昼食) 60分

13:25~13:50 石田 純郎(中国労働衛生協会)   
      「『解体新書』の原著、原著者、オランダ語版翻訳者について」
13:50~14:15 矢野  忠(元愛媛大学)
      「武谷三男は科学至上主義者か」
14:15~14:40 有光  隆(愛媛大学・工学部 機械工学科)
      「若年層を対象とした「歴史をたどる力学教育」の構想」

        小休止 15分

14:55~15:20 武田 裕紀(追手門学院大学)
      「メルセンヌと数学における因果性」 
15:20~15:45 片山 真一(徳島大学・理工学部)
      「碁石拾いゲームと数学」

        小休止 15分

16:00~16:25 北  秀和(大阪工業大学)
      「ヴィエト「幾何学的作図の規範的再検討方程式の再評価」における比の扱い」
16:25~16:50 田村  誠(大阪産業大学)
      「劉徽による句股術の解釈について」

閉会挨拶 

  次期開催支部挨拶

17:30~  懇親会

6.参加案内
  ①懇親会に参加希望の場合には、11月11日(月)までに、その旨お知らせください
   (発表者以外の方)。
  ②1階の学生食堂は休業です。近隣に食堂がいくつかあります。

7.交通案内
  ①JR徳島駅から会場への交通
   バス- 徳島駅前 市営バス、1番乗場、上鮎喰・地蔵院方面行きに乗車、20分程度、大学病院前で下車。徒歩5分。
              徳島バス、4番乗場、石井・鴨島方面行きに乗車、以下、上と同じ。
  JR- 徳島駅から徳島本線に乗車、2駅目の蔵本駅下車、徒歩10分。
  ②京阪神から徳島までの交通
京都から約3時間、 JRしこくバス、徳島バス系列
大阪から約2時間半、JRしこくバス、徳島バス系列、海部観光バス
神戸から約1時間半、JRしこくバス、徳島バス系列、海部観光バス
乗り場、時刻表などの詳細は、各バス会社のホームページでご覧ください。
   なお、岡山、広島からも徳島行きの高速バス(徳島バス系列)もあります。
 
  附記 構内に駐車可能 有料

                  連絡・申込先 西條 敏美(四国支部)
                  E-mail tsaijo15@mxi.netwave.or.jp

2019年10月26日(土) 第116回東海支部例会のご案内

日時 :2019年10月26日(土) 13:30~17:00

場所 :労働会館 本館(地図参照)(TEL:052-883-6974)

発表者・内容

(1)豊原直樹(京都国立博物館):「堀越二郎と日本の航空機技術の特徴」

(2)河村 豊(東京高専):「海軍島田実験所と物理学者動員について」

              (電波兵器と軍民両用性の検討も兼ねて)

地図

労働会館 所在地  本館 名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

※たくさんの方々の参加をお待ちしています。

2019年10月26日(土)「科学史学校」開催案内

2019年10月26日(土)14時~16時

(予約不要、入場無料、どなたでもご参加いただけます)

講師:小川 眞里子 会員(三重大学 名誉教授)

演題:「ヴィクトリア時代の医学と医療について」

会場:明治大学 駿河台キャンパス 「研究棟 2階 第9会議室」(JR御茶ノ水駅から徒歩5分) ★前回の会場だったリバティータワーの1階左奥の通路を通り、研究棟で2階に上がってください。ご案内の看板を設置します。https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

イギリスの19世紀はコレラを初め、腸チフスや結核などさまざまな伝染病に悩まされた時代であった。世紀の後半は病気の原因として、微生物が注目されるようになる時代である。またヴィクトリア時代は、麻酔と消毒という2つの医療行為がもたらされ、外科手術が大きく発展するようになった時代である。病院の普及や看護職についても触れつつ、医学と医療におけるパラダイム転換を描き出すことをめざしたい。

2019年11月16日(土)第23回科学史西日本研究大会のご案内

第23回科学史西日本大会(11/16開催)のご案内をいたします。
発表の申し込み期日は10月10日(木)となっています。
申し込みについては下記案内を参照してください。


 第23回科学史西日本研究大会

1..日 時 11月16日(土)9:30~18:00(時間帯に多少変更の場合あり)
2..会 場 徳島大学蔵本キャンパス、蔵本会館(生協) 2階 多目的室2
      西門より入ると、正面に見える薬学部棟の背後、生協の建物
      詳細はキャンパスマップ参照
      http://www.tokushima-u.ac.jp/campusmap/kuramoto/
3..主 催 日本科学史学会京都支部・阪神支部・中国支部・四国支部
      徳島科学史研究会
4..参加費 無料
5..発 表
 ア.発表時間(未定) 30分、25分、20分 のいずれか
 イ.パソコン設置 パワーポイント使用可能
 ウ.配布資料 当日配布ください。
6..懇親会 実施
7.交通案内
①JR徳島駅から会場への交通
 バス- 徳島駅前 市営バス、1番乗場、20分程度、「県立中央病院・徳島大学病院前」で下車。徒歩5分。徳島バス、4番乗場、以下、上と同じ。
 JR- 徳島駅から徳島本線に乗車、2駅目の蔵本駅下車、徒歩10分。     ②京阪神から徳島までの交通
   高速バスが速くて安価で、便数も多くて便利です。JRでは、岡山・高松経由となり遠回りとなります。
京都から約3時間、 JRしこくバス、徳島バス系列、海部観光バス 
大阪から約2時間半、JRしこくバス、徳島バス系列、海部観光バス
神戸から約1時間半、JRしこくバス、徳島バス系列、海部観光バス
乗り場、時刻表などの詳細は、各バス会社のホームページでご覧ください。
   なお、岡山、広島からも徳島行きの高速バス(徳島バス系列)もあります。
 
  附記 構内に駐車可能です。有料(駐車時間による)。


第23回科学史西日本研究大会での発表申し込みをします。

1.発表題目    (                                 )
2.懇親会の出欠  (         ) 
3.ご希望事項   (                                 )
氏名     (                  )
勤務先・所属 (                  )
  E-mail    (                  )

申込締切(厳守) 10月10日(木) 

申込先       西條 敏美(四国支部)
           E-mail tsaijo15@mxi.netwave.or.jp


2019年10月22日(火)第2回和文誌編集委員会開催

2019年7月20日に第1回和文誌編集委員会を開催しました。『科学史研究』291号(2019年10月号)は8月26日に入稿しました。現在、再校の確認作業をしています。10月28日に発行いたします。291号の構成は、論文1、研究ノート1、資料1、小特集1、シンポジウム1、書評1です。

次回の編集委員会は2019年10月22日を予定しています。会員のみなさまの積極的なご投稿をお待ちしています。

2019年10月5日(土) 京都支部例会のご案内

下記のとおり、2019年10月5日に京都支部例会を開催いたします。ご関心ある方はぜひご参加ください。

日本科学史学会京都支部例会(阪神支部後援)
日時:2019年10月5日(土):14時より(~17時30分頃,例会後に懇親会を予定)
会場:京都大学人文科学研究所本館101号室
アクセス:http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/access/access.htm

報告(1)
平岡隆二会員(京都大学人文科学研究所)
報告タイトルと概要
「キリシタンと和時計」:近年16-17世紀日本への西洋時計技術の伝来と影響にまつわる研究が大きな進展を見せている。本報告では、その技術伝播がイエズス会布教に由来することや、和時計・天文模型(ジュネーブ天儀)・からくりなど江戸時代の技術と文化に及ぼした影響について、これまで得られた史料的根拠とともに報告する。

報告(2)
岡澤康浩会員(日本学術振興会特別研究員PD)
報告タイトルと概要
「万国の統計学者、団結せよ!」:1834年に結成されたロンドン統計協会は、集団的社会観察の科学として成立した当時の統計学の理念を体現していた。本報告では統計学的観察における集団性に注目し、ロンドン統計協会がどのように無数の観察者たちの共働による観察理論と、それに忠実に従う統計学者という存在者を作り上げていったのかを明らかにする。

例会後に懇親会も予定していますので、そちらもぜひご参加ください。
よろしくお願いいたします。

連絡先:
瀬戸口明久(京都大学)
小長谷大介(龍谷大学)konagaya [アット] biz.ryukoku.ac.jp

2019年8月24日(土)「科学史学校」開催案内

2019年8月24日(土)14:00~16:00

(予約不要、入場無料、どなたでもご参加いただけます)

講師:橋本 毅彦 会員 (東京大学)

演題:「科学史における図像の製作と利用について」

会場:明治大学 駿河台キャンパス 「リバティタワー15階1155教室」(JR御茶ノ水駅から徒歩3分) https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

解剖図や植物図譜、天気図や地層の断面図、あるいは実験結果を示す写真や模式図。科学・技術・医学の諸分野において、さまざまな図やイラストが古くから利用されてきた。近年これらの図の製作と利用について多くの歴史研究がなされ、新たな知見が提供されている。本講演では、それらの科学史上の図の利用に関して、いくつかの図と背景となる科学研究の歴史事例を取り上げつつ、最近の研究成果について紹介することにしたい。