第7回IHST電力技術史研究会

先日は慌ただしく延期のメールを送信致しましてご迷惑をおかけしました。改めまして下記の通り、2月8日(土)に開催をすることに致します。ご都合のつく限りご参集のほど宜しくお願い申し上げます。ご不明な点、並びにご意見、ご要望等ございましたらご遠慮なくご連絡下さい。

第7回IHST電力技術史研究会の開催案内

続きを読む

2020年2月22日(土)「科学史学校」開催案内

2020年2月22日(土)14時~16時
(予約不要、入場無料、どなたでもご参加いただけます)

講師:鈴木 孝典 会員(元 東海大学)
演題:「アラビア天文学から科学史を見直す」

会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー15階1155教室
JR御茶ノ水駅から徒歩3分。
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

科学史のメインルートであるギリシャ→アラビア→ヨーロッパという学問の流れの中で、アラビアは異質なものと見なされがちである。それは明らかな偏見であり、そういう偏見をもっていては、科学史の見方も歪んだものにならざるを得ないだろう。その偏見をなくすには、アラビアを中心において、そこからギリシャとヨーロッパを眺めてみるのが効果的である。アラビアからプトレマイオスとコペルニクスはどう見えるだろう。


2020年1月25日(土)和文誌編集委員会開催

 2019年10月22日に第2回和文誌編集委員会を開催しました。『科学史研究』292号(2020年1月号)は11月22日に入稿しました。現在、三校の確認作業をしています。1月28日に発行いたします。
 292号の構成は、論文1、日本科学史学会75周年記念事業特集1、小特集1、シンポジウム1、科学史入門2、アゴラ1、書評5です。
 次回の編集委員会は2020年1月25日を予定しています。会員のみなさまの積極的なご投稿をお待ちしています。