3月20日 科学史と科学教育の研究会

世界・日本・個人をネットZOOMでつなぐ新しいカタチの研究会

● 科学史と科学教育の研究会 自由闊達な情報交換・研究のオープンな研究組織をめざして

                                             多久和俊明

●3月の研究会

3月20日(土)

 ・資料は, 2日前の木曜日までに,添付送信してください。
 ・事前に申し込まれた資料にしたがって,発表と検討をしていきます。
  ・発表される方は,「何を」,「どこを」検討してほしいのかを明確にして下さい。時間の制約があるので焦点をしぼってください。

※  参加費 0円
※ 資料を募集します。資料のない方の参加も歓迎です。
※ ZOOMのやり方や使い方等については佐藤正助さんがやさしく教えてくれます。
※ 興味のある方は,佐藤正助さんmakke@extra.ocn.ne.jpに連絡して下さい。

●2月7日(日)の研究会の発表の報告

・柳沢克央  「学術会議と米国大統領選,板倉科学論,授業論,認識論」
・溝畑典宏  「HoundsfieldとCT開発50周年 ~1971年までになにがあったか」
・橋本五郎  「戦後日本におけるルネサンス」
・多久和俊明 「仮説実験授業の提唱とその研究組織の形成」
・上田英良  「ファラデーの反原子論は原子論である、アマチュアによる愚行権の行使」
・佐藤正助  「自分の心をささえたもの」
・山本美知  「ミニ授業プラン〈πの歴史〉(前半)」

今月は多くの方の発表がありました。活発な話し合いができたと思います。もう少し時間がとれるとよかったかと思います。市民,アマチュアの立場からの意見が出され,新しい研究や交流等のきっかけなってきました。日常的にも,研究会内のスラックや関連の研究会・サークルでも研究交流がさらに活発になりつつあるようです。参加いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。

参加者 13名

3月21日 科学史と科学教育の研究会

●第2回 平林浩さんとたのしく考える仮説実験授業の形成

仮説実験授業研究会も仮説実験的につくられたんですか?

                              多久和俊明・渡辺規夫・岩本美枝・加藤浩幸

3月21日(日)13:00~ 17:00頃  平林さんの講演と質問

  • 緊急事態宣言延長等のため、上記に延期しましたので、どうぞよろしくお願いします。
  • すでに申し込んでいただいた方も、あらためて参加・不参加のメールをお願いします。
  • 内容等には変更はありません。今回もZOOMで実施します。

 平林浩さんに,前回に引き続き最初の仮説実験授業研究会(火曜研究会)の研究と活動についてたっぷり話していただきます。今回は前回にひきつづいて「授業書をつくれるようにする」ということから,さらに科学教育論,認識論,科学論,組織論,原子論などについてもお話をしていただく予定です。もちろん参加者の質問にもたっぷり答えていただけると思います。平林浩さんから誕生したばかりの火曜研究会についていろいろ聞いて,大いに学び未来を考える会にしたいです。平林さんもみなさんの協力を得て,「歴史に残せるものはきちんと残したい」という意気込みで,すごくやる気になって下さっています。どうぞみなさまの参加をお待ちしています。

平林 浩さん

1963年仮説実験授業の誕生を知り,翌年から最初の仮説実験授業研究会に加わり,たくさんの授業書をつくってきた。教育家。仮説実験授業研究会会員。1934年長野県生まれ。信州大学卒業後,長野県内の公立小学校,東京都の私立桐朋学園小学校。和光小学校(和光学園)で担任や理科専科の教師として勤める。1988年,和光小学校を退職。そのころ,学校の外で子どもや大人を対象に科学の授業を行うグループが各地につくられた。以降,今日まで“出前教師”としてそれらのグループで授業を続けている。著書に,『しのぶちゃん日記』(太郎次郎社),『仮説実験授業と障害児統合教育』(現代ジャーナリズム出版会)他多数。

多久和俊明 mxrhp118@yahoo.co.jp  自宅0480 38 3264   携帯08065989477

定員 30名 (先着順 ZOOMなのでメールで申し込んで下さい) 参加費 2000円

※なお,申し込まれた方への,本会の「招待メール」は,19日(金)午前中に送信します。

2020年7月以前のバージョン4ではつながりませんので,当日までにZOOMのバージョン5の最新のものにしておいて下さい。

支払いは,会終了後に,仮説社の山猫クラブ(総合口座)でお願いします。

それ以外の支払方法を希望の方は多久和までご連絡ください。

選挙管理委員会公示

                                                                                                                   2021年1月28日 

                        日本科学史学会選挙管理委員会

 2021〜2022年度役員選挙の候補者が決まりました。今回、会長と監査につきましては立候補者が定員以下でしたので、投票は行いません。委員につきましては、33名の立候補者がありましたので、投票を行います。選挙管理委員会から投票用紙をお送りしますので、2月27日必着で投票してください。

選挙管理委員会からの呼びかけ

 今後の学会の方向を決める重要な選挙です。投票が有効と認められるためには有権者数の1/4以上の投票数が必要です。くれぐれも投票漏れのないように、期日に余裕を持って投函してください。なお、今回選挙では投票用紙の複製防止に際し、新型コロナウイルスの感染予防のため、投票用紙への学会印の押印作業は行わず、複製防止用紙を用いることとしております。

                           2020年度選挙管理委員会

2021年総会 第2報

注目

2021年1月28日発行の『科学史通信』444号から変更(赤字)がありますので、必ずご確認ください

期日:2021年5月22日(土)、23日(日)

場所:神戸大学(〒657-8501兵庫県神戸市灘区鶴甲1-2-1)開催担当校は神戸大学です。

*開催方法は変更になる可能性があります。今後の連絡にご注意下さい。最新の情報は科学史学会のサイトに掲載されます。

本大会は、Zoomを用いたオンライン大会として実施します。
発表者および参加者は、自宅や職場など任意の場所から研究発表および聴講をリアルタイムで行っていただきます。
発表者は、期日までに予稿(紙媒体およびPDFファイルの要旨集に掲載する原稿)を必ず提出してください。また、発表者は,発表時間に,学会の指定する会議のセッション(URL)に参加し,各自のPCからご自分の提示資料を用いるなどして発表してください.
オンライン発表練習の機会を複数回設けます。エントリーをした方には連絡をしますので、不安のある方はご参加をお願いいたします。

一般講演(長時間枠 40分):日本科学史学会ホームページの一般講演(長時間枠)エントリー用ページからお申し込みください。

一般講演(通常枠 20分):日本科学史学会ホームページの一般講演(一般枠)エントリー用ページからお申し込みください。

シンポジウム(150分以内):日本科学史学会ホームページのシンポジウムエントリー用ページからお申し込みください。

※一般公演・シンポジウムエントリー用ページは2021年2月1日より公開いたします

エントリー締切:2月28日(日)

予稿集原稿締切:3月31日(水) 予稿の長さは規程のフォーマットを用いて、一般講演(通常枠)の場合1頁、一般講演(長時間枠)の場合2頁、シンポジウムの場合(講演者数+1頁となります。

※一般講演、シンポジウムともエントリーは会員に限ります。

宿泊:各自で手配をお願いします。

※次回(最終回)の案内は、4月下旬発行予定の『科学史通信』と科学史学会のサイトに掲載されます。それまでに変更点等が発生した場合には科学史学会のサイトでお知らせいたします。

科学史と教育の研究会2021年1月の報告

●1月17日(日)の研究会の発表の報告

・柳沢克央 「学術会議問題のその後&米国の「内戦状態」について」
・溝畑 典宏 「HoundsfieldとCT開発50周年 ~1971年までになにがあったか」
・橋本五郎 「永久平和の観点からのカント哲学への興味」
・多久和俊明「板倉聖宣の広義の組織論 2」「たのしい科学史研究のために」

今月も資料発表について活発な議論ができたと思います。多様な発表になりました。ひきつづき,日本学術会議の問題を2名の方がとりあげて議論しました。市民,アマチュアの立場からの意見が出され,新しい研究や交流等のきっかけなったように思います。引き続き,研究会内のスラックや関連の研究会・サークルでも研究交流がさらに活発になりそうです。心より感謝申し上げます。

参加者 11名(多久和俊明)

科学史と科学教育の研究会2021年2月、3月の案内

世界・日本・個人をネットZOOMでつなぐ新しいカタチの研究会
● 科学史と科学教育の研究会
自由闊達な情報交換・研究のオープンな研究組織をめざして

                                             多久和俊明

●2月,3月の研究会
2月7日(日)
3月21日(日)

 ・資料は, 3日前の木曜日までに,添付送信してください。
 ・事前に申し込まれた資料にしたがって,発表と検討をしていきます。
  ・発表される方は,「何を」,「どこを」検討してほしいのかを明確にして下さい。時間の制約があるので焦点をしぼってください。

※  参加費 0円
※ 資料を募集します。資料のない方の参加も歓迎です。
※ ZOOMのやり方や使い方等については佐藤正助さんがやさしく教えてくれます。
※ 興味のある方は,佐藤正助さんmakke@extra.ocn.ne.jpに連絡して下さい。

国際会議論文賞募集締切近づく

IUHPST/DHST事務局からのリマインドです。

今夏7月25〜31日プラハに開かれる第26回科学史技術史国際会議(オンライン開催)で、募集している 「2021科学の歴史的哲学的方法論」論文賞IUHPST Essay Prize in History and Philosophy of Science 応募締切が1月15日になっています。「現代世界の問題に科学・技術・医学史及び哲学は何をなすことができるか?」をテーマにした55000〜10000語の未発表論文(英語)が対象です。締切 1月15日 Prof. Hasok Chang, Department of History and Philosophy of Science, University of Cambridge (hc372@cam.ac.uk).までpdf を送付。

また、国際会議での個別発表論文の締切は1月10日です。詳しくは、下記をご覧ください。

https://www.ichst2021.org/call-for-stand-alone-abstracts/   (文責木本)

2021年1月17日科学史と教育の研究会のお知らせ

● 科学史と教育の研究会
さらに自由闊達な情報交換・研究のオープンな研究組織をめざして
                         多久和俊明
●1月の研究会は
1月17日(日)8:50~12:30

その後の予定
2月7日(日)
3月21日(日)
来年度は定例化を検討したいと思います。(例えば,第3日曜日とか)

続きを読む

第26回国際会議 論文発表締め切りが延長されました

第26回科学史技術史国際大会(プラハ)は、2021年7月にオンラインで開催されますが、個別論文発表申込みの〆切りが、2021年1月10日までに延期されました。

以下のサイトをご覧ください。応募要領等も、このサイトで見れます。
https://www.ichst2021.org/important-dates/
大会の全体概要・参加申込方法等は、https://www.ichst2021.org/
                       (以上 木本記)