日本学術会議の活動と運営に関するご連絡

                             2021年2月25日

                            日本学術会議幹事会

 日本学術会議の活動と運営に関して、以下のとおりご連絡いたします。

1.記者会見のご報告

2021年2月25日、日本学術会議の活動と運営に関する記者会見を行いました。記者会見冒頭の梶田隆章会長の挨拶(下記のとおり)とともに、ご報告いたします。なお、今回の記者会見では、皆様に御協力を頂いたアンケートの概要等も公表させていただいております。

 記者会見で配布いたしました資料は、日本学術会議のホームページに掲載しております。

*第25期幹事会記者会見資料(2月25日)

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/kisyakaiken.html

続きを読む

【日本学術会議】幹事会声明「新型コロナウイルス感染症対策の検討 について」のご報告

日本学術会議幹事会声明「新型コロナウイルス感染症対策の検討について」のご報告  

 2021年2月10日
日本学術会議幹事会

 2021年2月9日、日本学術会議幹事会声明「新型コロナウイルス感染症対 策の検討について」を、下記のとおり決定し、日本学術会議のホームページに掲載し公表するとともに、記者公表いたしましたので、ご報告いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたし ます。  

*ホームページURL
 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-25-kanji-2.pdf

———————————————————————

日本学術会議幹事会声明
「新型コロナウイルス感染症対策の検討について」

続きを読む

【開催案内】  日本学術会議主催学術フォーラム「危機の時代におけるアカデミーと未来」

【日時】2021年2月27日(土)14:00-17:00
【場所】オンライン配信
【主催】日本学術会議
【開催趣旨】  

 新型コロナ感染症や気候変動のみならず、自国第一主義の蔓延による多国間主義の崩壊、世代間・ジェンダー・マイノリティといった様々な格差、長寿命化に伴う生と死の倫理観の転換など、私たちは多重の危機下に置かれている。そうした中で、人類の公共的な知的資産を継承し、新たな知識の発見や技術の開発によって公共の福祉の増進に寄与すると共に、地球環境と人類社会の調和ある平和的な発展への貢献を社会から負託されている存在であるアカデミーはいかにあるべきか、昨今の状況も含めてその来し方行く先を展望し、より求められ、望まれるアカデミーの役割発揮について議論する。

【次第】 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/307-s-0227.html
【参加費】無料
【要・事前申し込み】
 以下のURLからお申し込みください。               https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html

【問合せ先】
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 電話:03-3403-6295

【日本学術会議】幹事会声明についてのご報告

日本学術会議幹事会声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」についてのご報告                                 

                                                                                                 2021年1月29日
日本学術会議幹事会

 2021年1月28日、日本学術会議幹事会声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」 を、下記のとおり、決定いたしました。
 日本学術会議のホームページに公表するとともに、記者会見にて説明を行いましたので、ご報告いたします。
 記者会見で配布いたしました資料は、日本学術会議のホームページに掲載しております。

 *第25期幹事会記者会見資料(1月28日)
http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/kisyakaiken.html

—————————————————————————————–            日本学術会議幹事会声明
「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」  

続きを読む

日本学術会議の活動と運営に関する記者会見(12月14日)のご報告

日本学術会議協力学術研究団体の皆さま

                                       令和2年12月25日

                             日本学術会議幹事会

 すでにお知らせした通り、12月16日の臨時幹事会の場で私たちは「日本学術会議のより良い役割 に向けて(中間報告)」を決定し、同日、井上信治科学技術政策担当大臣に提出するとともに懇談 を行いました。大臣はこの中間報告をもとに政府内での検討を進められ、昨日、その結果をお伝え いただくとともに、梶田会長らとの意見交換を行いました。

 また、昨日は年内最後の幹事会にあわせて、第25期になって5回目の記者会見も行い、10月総会 以降3カ月間の学術会議の活動について紹介するとともに、大臣との意見交換の内容について説明 いたしました。ついては、学協会の皆さんに記者会見資料をお送りするとともに、特に井上大臣と の意見交換の内容についてお知らせいたします。

 今後、中間報告に示した諸課題について学協会の皆さんのご意見もうかがいながら、さらなる検 討を進め、来年4月の総会の場でもご議論いただかねばなりません。設置形態をはじめとして、日 本学術会議にとってきわめて重要な審議を進めていく必要があることから、引き続き、学協会の皆 さんとも情報共有を重ね、ともに知恵を絞ってことに当たっていきたいと考えておりますので、ご 理解・ご協力をお願いいたします。 ※資料については、下記URLよりダウンロードをお願いします。

続きを読む

「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」(中間報告)に関するご連絡

日本学術会議より下記の連絡をいただきましたので転載します。正式な情報は日本学術会議のwebサイト等で確認をお願いします。

「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」(中間報告)に関するご連絡

2020年12月16日
日本学術会議幹事会

 日本学術会議がより良い役割を発揮できるようになるために、5項目の改革について検討して参 りましたが、このたび、現時点までの検討の中間的な結果を幹事会としてとりまとめ、「日本学術 会議のより良い役割発揮に向けて」(中間報告)として、ホームページにて公表するとともに、本日 (12月16日)、梶田隆章会長より、井上内閣府特命担当大臣(科学技術政策)に報告いたしま したので、ご連絡申し上げます。

http://www.scj.go.jp/index.html

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo305-tyukanhoukoku.pd

 今回の中間報告を基に、引き続き、日本学術会議のより良い役割発揮に向けた具体的な検討を進 めて参ります。会員・連携会員・学協会の皆様には、様々なかたちで御意見をお伺いしつつ、検討 状況等についての情報提供をさせていただきたいと考えておりますので、今後とも御理解、御協力 を賜れますと幸いです。

科学史学会会員アンケート結果について

科学史学会総務委員会では,会員のみなさまからのご要望を聞く1つの方法として,以下のようなアンケートを実施しました.今回の対象は,会員名簿にメールアドレスを公開されている会員としました.98件のご回答をいただきました.ありがとうございます.

アンケート結果につきましては,2013年5月26日に日本大学商学部にて開催された「ミニシンポ 75周年記念に向け,科学史学会を振り返る」で報告させていただきました.その際の資料をここで,公開いたします.

科学史学会会員アンケート資料20130526ミニシンポ報告

おめでとうございます.隠岐さや香会員 日本学術振興会賞を受賞

この度,本学会の隠岐さや香会員が,日本学術振興会「第9回 日本学術振興会賞」の一人に選ばれました.受賞はもとより隠岐会員の研究成果の賜ですが,科学史分野の研究者が受賞者に選ばれたことは,日本科学史学会としても喜ばしい限りです.ここにご報告させていただきます.なお,科学史学会学術賞選考委員会は今回の賞に向けて隠岐会員を推薦をさせていただきました.
詳しくは以下を参照ください.
http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/kettei.html

インターネットによる会費納入方法(ゆうちょダイレクト編)

日本科学史学会の学会費は、前納制で、年の後半に通信といっしょに送られてくる郵便振替用紙を利用して、郵便局まで出向き、窓口で支払うないしはATM を利用して支払うという方法が一般的だと思います。しかしこの方法だといずれにせよ郵便局まで出向き、また時によっては順番を待たなければならず、ついついおっくうになって、そのうち会費の納入を忘れてしまうということもあるのではないでしょうか。
そこで、ここでは、いつでもできる方法、インターネットを利用した納入方法について記してみたいと思います。ただし、今回は紙面の都合で、郵便局に総合口座があって、「ゆうちょダイレクト」が利用できる会員に向けたものであることをお断りしておきます(「ゆうちょダイレクト」は、ゆうちょ銀行のホームページから所定の事項を記入して、印刷した用紙を封筒に入れてポストに投函すれば、1週間ほどで手続き完了の封書が送られてきます)。

続きを読む