2019年10月5日(土) 京都支部例会のご案内

下記のとおり、2019年10月5日に京都支部例会を開催いたします。ご関心ある方はぜひご参加ください。

日本科学史学会京都支部例会(阪神支部後援)
日時:2019年10月5日(土):14時より(~17時30分頃,例会後に懇親会を予定)
会場:京都大学人文科学研究所本館101号室
アクセス:http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/access/access.htm

報告(1)
平岡隆二会員(京都大学人文科学研究所)
報告タイトルと概要
「キリシタンと和時計」:近年16-17世紀日本への西洋時計技術の伝来と影響にまつわる研究が大きな進展を見せている。本報告では、その技術伝播がイエズス会布教に由来することや、和時計・天文模型(ジュネーブ天儀)・からくりなど江戸時代の技術と文化に及ぼした影響について、これまで得られた史料的根拠とともに報告する。

報告(2)
岡澤康浩会員(日本学術振興会特別研究員PD)
報告タイトルと概要
「万国の統計学者、団結せよ!」:1834年に結成されたロンドン統計協会は、集団的社会観察の科学として成立した当時の統計学の理念を体現していた。本報告では統計学的観察における集団性に注目し、ロンドン統計協会がどのように無数の観察者たちの共働による観察理論と、それに忠実に従う統計学者という存在者を作り上げていったのかを明らかにする。

例会後に懇親会も予定していますので、そちらもぜひご参加ください。
よろしくお願いいたします。

連絡先:
瀬戸口明久(京都大学)
小長谷大介(龍谷大学)konagaya [アット] biz.ryukoku.ac.jp

2019年9月1日 日本科学史学会技術史分科会 研究会のお知らせ

日本科学史学会技術史分科会では、下記の内容で研究会を開催いたします。参加は自由です。

日時:2019年9月1日(日曜日)13:30~17:40
場所:中央大学後楽園キャンパス3号館3300教室(3F)
  東京メトロ丸ノ内線・南北線『後楽園駅』から徒歩約5分
  都営三田線・大江戸線『春日駅』から徒歩約6分

13:30開始
  今般の研究会の趣旨説明と参加者の自己紹介
14:00~15:40(報告80分、討論20分)
  木本忠昭先生「日本技術における電力技術史研究の位置とその課題」
16:00~17:40(報告80分、討論20分)
  中村秀臣先生「日本の電気事業史の時代区分とその特徴」
終了後、懇親会を開催予定

2019年8月24日四国支部年総会のご案内

徳島科学史研究会・日本科学史学会四国支部
2019年合同年総会
-日本科学史学会四国支部設立25周年-

日 時 2019年8月24日(土)12:15~17:45
会 場 香川大学教育学部 8号館1階 812講義室
(香川県高松市幸町1)
参加費 無料
主 催 徳島科学史研究会・日本科学史学会四国支部
開 場 12:00~
開会挨拶 12:15~

第1部 合同発表会 12:20~17:00 (発表15分、質疑4分30秒) 

<座長 北林>
12:20~12:40 フランスのhotel-Dieuについて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・(岡山大学医学部・非常勤講師)石田 純郎
12:40~13:00 結晶アドレナリンを最初に見た男―上中啓三―
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(徳島)桝井 美弘
13:00~13:20 四国の女医の調査から見えてきたこと・・・・・・・・(徳島)西條 敏美
13:20~13:40 デートDVに関する文献検討・・・・・・・・・・・・・(花園大学)西田 阿矢
13:40~14:00 不登校の研究と政策に関する文献検討・・・・(花園大学)今井 涼乃
小休止(10分)
<座長 西條>
14:10~14:30 自閉症スペクトラム児に対する通級指導教室での支援の在り方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・ ・・(花園大学)安達瑛令那
14:30~14:50 定年以降の思索遍歴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(香川)糸山 東一
14:50~15:10 他人から見た武谷三男5・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(愛媛)矢野 忠
15:10~15:30 湯川秀樹博士のはじめての銅像は何故高知で建てられたか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(大阪大学核物理研究センター)大久保茂男
小休止(10分)
<座長 矢野>
15:40~16:00 震災遺構をめぐる表象・・・(京都)笹谷 柚日、(花園大学)笹谷 絵里
16:00~16:20 「ろうの村」の観光地化と経済性・・・・・・・・・(花園大学)笹谷 絵里
16:20~16:40 科学史記述のなかの空海:
      サートンの世界科学史における日本の扱いから
・・・・・・ ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(大正大学・非常勤講師)山田 俊弘
16:40~17:00 久米通賢が築造した坂出塩田の構造・・・・・・・・(香川大学)北林 雅洋
小休止(10分)

第2部 合同年総会 17:10~17:45
日本科学史学会四国支部設立25周年―その歩みと課題―・・・・・・・・・・西條 敏美

集合記念撮影
懇親会 18:00~

参加申込 不要
(懇親会への出席は、19日(月)までに事前申し込みをしてください)

<世話人>
会 場 北林 雅洋
事務局 西條 敏美

2019年7月6日(土) 第115回東海支部例会のご案内

日時 :2019年7月6日(土) 13:30~17:00

場所 :労働会館 本館(地図参照)(TEL:052-883-6974)

発表者・内容

 『東海の科学史』合評会

地図

労働会館 所在地  本館 名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

※たくさんの方々の参加をお待ちしています。

2019年3月30日(土) 第114回東海支部例会報告

日 時:2019年3月30日(土) 13:30~17:00

場 所:労働会館 本館

発表者・内容

(1)小柳公代氏 「パリ南大学で実施された、水とぶどう酒の<復原>実験( 2010 年 2月 11 日) 」

出席者:11名

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

2018年3月24日 技術史分科会 春の研究会

●日本科学史学会 技術史分科会
春の研究会のお知らせ(共催:科学論技術論研究会)

<日時・会場>
■2019年3月24日(日)13:00~17:00
■会場:立命館大学大阪茨木キャンパス B棟4F研究会室2
JR茨木駅から徒歩10分(線路沿いに歩行者専用道路)、阪急南茨木駅から徒歩15分
※駅からの地図(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/oic/
※大学構内の地図(http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/#oic

■報告者
①小林学(千葉工業大学)「ジェームズ・ワット再考:ワット没後200年、ワットの
 分離凝縮器を含む蒸気機関改良に関する1769年の特許250年によせて」
②西村成弘(関西大学)「近代企業と特許管理」
③中村真悟(立命館大学)「リサイクルシステムの成立条件:日本のPETボトルリサイクルを事例に」

■参照資料
 小林学(2013)「蒸気機関技術史概論」『科学史研究』
 西村成弘(2016)『国際特許管理の日本的展開』有斐閣
 中村真悟(2018)「日本におけるPETボトルのリサイクルシステムの成立と変容」『人間と環境』

2019年3月30日(土) 第114回東海支部次回例会のご案内

日時 :2019年3月30日(土) 13:30~17:00

場所 :労働会館 本館(地図参照)(TEL:052-883-6974)

発表者・内容

(1)小柳公代氏 「パリ南大学で実施された、水とぶどう酒の<復原>実験( 2010 年 2月 11 日) 」

地図

労働会館 所在地  本館 名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

(その他)

東海支部機関誌『東海の科学史』第13号 原稿募集の締切が近づいております。応募予定の方はよろしくお願いいたします。

1.発行予定: 2019年4月上旬

2.原稿締切: 2019年3月10日(日)

3.書式: ワード(Word)B5サイズ 42字40行 文字サイズ10.5 余白 上下2.5cm 左右2.0cm 題名と氏名で5行 (前回第12号と同様に編集します。)

4.原稿送付方法:完成原稿を添付ファイルで、takarabe@isc.cyubu.ac.jp(中部大学、財部香枝)宛に送付をお願いします。多数の投稿をお待ちしております。

編集発行:日本科学史学会東海支部

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

2018年12月22日(土) 第113回東海支部次回例会のご案内

日時 :2018年12月22日(土)  13:30~17:00
場所 :労働会館 本館(地図参照)(TEL:052-883-6974)

発表者・内容
(1)高橋博子氏「1954年ビキニ水爆被災と米原子力委員会:被曝マグロの打ち切りをめぐって」
(2)隠岐さや香氏「『文系と理系の歴史』の可能性」

地図

労働会館 所在地  本館 名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

〈その他〉

『東海の科学史』第13号に投稿される際の不明点は、菊谷までご連絡下さい。(「東海支部機関誌『東海の科学史』第13号 原稿募集のご案内」は、既に学会ホームページに掲載されております)

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

2018年9月1日(土) 第112回東海支部例会報告

日時 :2018年9月1日(土)  13:30~17:30
場所 :労働会館 本館(TEL:052-883-6974)

発表者・内容
(1)高田達男氏「戦時中における航空工学者 富塚清の科学教育論」
(2)西谷 正氏「若き武谷三男 ー記念史料室よりー」

出席者:14名

 

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:052-803-7380

東海支部機関誌『東海の科学史』第13号 原稿募集のご案内

東海支部機関誌『東海の科学史』第13号 原稿募集のご案内です。

1.発行予定: 2019年4月上旬
2.原稿締切: 2019年3月10日(日)
3.書式: ワード(Word)B5サイズ
42字40行 文字サイズ10.5
余白 上下2.5cm 左右2.0cm
題名と氏名で5行

(前回第12号と同様に編集します。第12号(下記見本)を参照して下さい。)

4.原稿送付方法:完成原稿を添付ファイルで、takarabe@isc.cyubu.ac.jp(中部大学、財部香枝)宛に送付をお願いします。多数の投稿をお待ちしております。

編集発行:日本科学史学会東海支部

東海の科学史2015見本