2021年3月17日技術史分科会春の研究会のご案内

日本科学史学会技術史分科会(科学論技術論研究会共催)
日時:2021年3月17日(水)13:00~17:00
会場:Zoomによるオンライン開催(12時40分~55分頃までに入室をお願いします)
テーマ:科学技術基本法改正と科学技術政策
報告①綾部広則(早稲田大学)「ポスト冷戦期日本の科学技術政策―拡大から改革へ」(40分)
報告②兵藤友博(立命館大学)「科学技術イノベーション政策と大学改革:学術研究体制・基盤を考える」(40分)
報告③山崎文徳(立命館大学)「研究開発費からみたアメリカの科学技術政策の特徴」(20分程度)

お問い合わせ: 山崎文徳(yama2012@fc.ritsumei.ac.jp)、岡田 大士(daishi@home.nifty.jp

ZOOMの連絡をお送りしますので、googleフォームで事前登録をお願いします。

2020年11月7日東海支部例会

皆様、お元気でしたでしょうか。
この度、急遽例会を開くことにいたしました。急いでいますので、詳細は後程お送りしますが、まずは連絡まで、ということで以下のことをお知らせします。

日時  2020年 11月7日(土) PM1:30 ~PM5:00
場所  労働会館(金山) 小会議室
発表者 保坂氏

                       連絡係  菊谷秀臣 052-803-7380

2020年9月11日技術史分科会研究会のお知らせ

技術史分科会では、大阪の科学論技術論研究会と共催で、例年春に研究会を開催しております。2020年3月の研究会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期としておりましたが、今回オンラインにて開催します。
日時:2020年9月11日(金)13:00~17:00
会場:Zoomによるオンライン開催
(12時40分~55分頃までに入室をお願いします)
テーマ:技術史・技術論の現代的課題ーオートメーション論の現在ー
 基調報告:慈道裕治氏「オートメーションと技術論の課題」(60分程度)
 コメント①:奥山修平氏(15-20分程度)
 コメント②:佐野正博氏(15-20分程度)
 総合討論
参加方法について

続きを読む

2020年2月22日(土) 第117回東海支部例会のご案内

日時  2020 年2月22 日(土)PM 1:30 ~PM 5:00
場所  労働会館本館
発表
あああ保坂秀正氏  「十進位取り記数法とメートル法とオイラー」
あああ月澤美代子氏 「医療情報は、どのように伝達・評価されたか-明治 23-24 年コッホ 氏 結核新治療薬「ツベルクリン」を事例として-」

地図

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20180103-1024x810.jpg です

労働会館   TEL 052-883-6974  名古屋市熱田区沢下町 9-3

(説明)地図にあるように線路沿いに来ていただければ分かりやすい所です。しかし、線路が分かれていますから、気をつけてください。金山駅の東出口(名鉄。JR)からだと間違いないでしょう。JR東海道線と名鉄本線が平行に走っています。くれぐれも、中央線と間違われないように気を付けて下さい。行く手に陸橋があります。その下を越えるとセブンイレブンがあり左に曲がると、すぐ労働会館の本館があります。1階に掲示板があります。歩いて10分ぐらいです。

連絡先:名古屋市天白区植田西2丁目220  菊谷秀臣   TEL:090-7306-2518

※たくさんの方々の参加をお待ちしています。