予稿集データのアップロード

[`evernote` not found]

締め切り:2017年3月31日

以下のフォームを利用して予稿データを送信することができます。

<アップロード手順>
1)各自のPCなどで予稿用データを作成する
作成用サンプルデータは、こちらをクリックしてダウンロードして下さい
(一般講演の場合は、1ページでお願いします。シンポジウム、長時間枠の場合は、個別にご連絡いたします。)
※ファイル名はご自分のお名前
(ローマ字・半角アルファベットで記入 例:kagakusi-taro.docx)に変更してから保存してください。
2)以下のフォームに必要事項を記入する
3)作成した予稿ファイルを指定する。
※「送信する予稿ファイル」の欄の「参照」ボタンを押して、
PC上の保存場所・作成した予稿のファイル名を指定してください。
4)「連絡事項」欄への記入
報告タイトルの変更など、必要があればご記入ください
5)「自動投稿防止用画像」に表示された文字を入力して送信ボタンを押す

<おしらせ>
日本科学史学会では会員サービス充実および会員外への活動内容の公開を目的として、
・『科学史研究』・Historia Scientiarumへの講演タイトル掲載
・アップロードされたデータを用いたデータベースの作成
・学会外の団体による電子図書館サービスへのデータ提供
を行う予定です。予稿集の冊子作成以外に本データの利用を認めない場合は、その旨を連絡事項欄にご記入ください。

お名前 (必須 例:科学史 太郎)

メールアドレス (必須)

シンポジウム・講演タイトル
(エントリー時より変更があった場合、変更前のタイトルを下の連絡事項欄にお書き下さい)

送信する予稿ファイルを指定する(上限:5MB)
→「参照」ボタンを押してご自身のPC上のファイルを指定してください。

予稿の種類(その他を選択した場合、種類の詳細を連絡事項欄にお書き下さい)

Word(doc/docx)PDFその他

連絡事項

自動投稿防止画像

captcha

上の画像で示された文字をご入力下さい

内容をご確認の上、チェックをお願いします(確認画面は表示されません)