終了 2014年度 総会・第61回年会のお知らせ(2014/5/13更新)


日本科学史学会2014年度 総会・第61回年会のお知らせ

日本科学史学会の2014年度の総会・第61回年会の開催要領をお知らせします。

日本科学史学会2014年度総会・第61回年会のお知らせ(最終回)

  1. 期日:2014年5月24日(土)~25日(日)
  2. 場所:酪農学園大学(北海道江別市文京台緑町582番地の1)
    年会はC1号館「中央講義棟」1,2,3階。総会は「中央館」1階学生ホール(講堂)。シンポジウムはC1号館1,2,3階と中央館1階学生ホール(ミニシンポジウム)。
    (キャンパスマップ17番がC1号館「中央講義棟」、1番が「中央館」)
    懇親会はJR千歳線「新札幌駅」向かいのシェラトンホテル札幌2階宴会場「パステル」(24日総会終了後専用バス2台で移動)。総会受付、学会入会会計関係、書籍の展示販売はC1号館1階ロビー。会員の控え室はC1号館1階のC1-101教室。
  3. 宿泊:各自手配をお願いします。新札幌駅周辺のホテルは全国会議で混みあっており、札幌市内のホテルも含めご検討ください。
  4. プログラム:一般講演は15分、質疑応答5分、計20分。シンポジウムは1時間20分~2時間30分(シンポジウムのみ途中休憩は各代表者に任せします)
  5. 年会参加費等:年会参加費(講演要旨集代1冊を含む)一般4,000円、学生3,000円(当日学生証をご提示下さい)。懇親会費6,000円、講演要旨集代1部1,500円。本「通信」に同封されている郵便振替用紙で2014年5月14日(水)までに振り込んで下さい。受付業務簡素化のために事前振込を原則とさせて下さい。なお、ネットで振り込まれる際には、別途メールで振込日と内訳をお知らせ下さい。
    (2014年5月13日補足)加入者名に「北海道産業考古学会」とあるものが払い込み用紙です。準備委員会名で発行した領収証と交換いたしますので、入金済みの払い込み用紙(右片)をご持参ください。
  6.  発表者の会費納入:一般講演予定者は、2013年度と2014年度の会費納入をしておく必要がありますのでご注意下さい。
  7. 委任状:総会に欠席の方は、同封の委任状はがきに署名・捺印の上、2014年5月21日(水)までに返送下さい。
  8. 昼食:土曜日は中央館前の生協会館2階学生食堂と中央館2階の購買が利用できます。日曜日はいずれも閉店ですので弁当の手配をし、上記5.の振込み用紙の25日昼食欄に印(代金1人分お茶付き1,000円)を付けて下さい。大学から徒歩12分のJR函館本線「大麻駅」向かいのコンビニも利用できます。受付に大学の周辺地図を用意します。
  9. 配布資料:発表者はレジュメなどの資料をあらかじめ多めに各自作成してご持参下さい。中央館1階フロアと上記8.のコンビニに有料コピー機があります。
  10. パワーポイント:一般講演会場には、パソコンが設置されています。パワーポイントを使用されるかたはUSBメモリを当日、ご自分が発表される「連続する時間枠」開始の10分前までに発表会場にご持参下さい。その際、ファイル名を今回各会場に付与された発表番号(例えばA01)のみとされるようお願いします。USBメモリがウイルス感染していないこともご確認下さい。また、ご自分のパソコンを使用ご希望の方は、ご自分が発表される「連続する時間枠」開始の10分前までに発表会場にてお申し出下さい。
  11. 年会・総会準備委員会連絡先

〒069-8501北海道江別市文京台緑町582-1 酪農学園大学教職センター(理科教育) 山田大隆気付 日本科学史学会 第61回年総会準備委員会

e-mail:(学会)kagakushi2014
(@historyofscience.jpを追加してください)

(準備委員会、山田)h-yamada
(@rakuno.ac.jpを追加してください)

TEL/FAX:011-388-4708(山田)
TEL:011-386-1383(事務室)

<日本科学史学会 第61回年総会準備委員会>
山田大隆(準備委員長、日本科学史学会員、産業考古学会員)
大島聡範(準備委員、産業考古学会員)
山田雅也(準備委員、産業考古学会員)
澤田八郎(準備委員、産業考古学会員)
干場敏博(準備委員、酪農学園大学教授)

年総会プログラムを見る

『科学史通信』417号掲載プログラム校了以降に、以下の理由により
A会場の番号・シンポジウム番号が移動しております。ご注意ください。
*個人研究発表のキャンセルが発生しました。
*個人研究発表が1件シンポジウムに組み込まれていました。
*シンポジウムの登壇者が重複しておりましたので、時間をずらしました。
なお、年会当日の報告状況につきましては、『科学史研究』並びに本ホームページにてあらためて掲載いたします。

—-
日本科学史学会の2014年度総会・第61回年会の開催要領(第2回)

  1. 期日:2014年5月24日(土)、25日(日)
  2. 場所:酪農学園大学(北海道江別市文京台緑町582番地)
  3. 一般講演:今年度も科学史学会ホームーページを利用した受付を2014年1月1日より行ないます。従来どおりの「年会講演申込書」が必要な方は、準備委員会にお問い合わせ下さい。
  4. エントリー締切:2014年2月28日(金)
  5. 予稿集の原稿締切:2014年3月31日(月)
    科学史学会ホームページにて原稿のアップロードを受け付けます。
  6. シンポジウム:一般講演と同様に、科学史学会ホームページにて受け付けを行ないます。
  7. 宿泊:各自手配をお願いします。
  8. その他:次回(最終回)の案内は、4月後半発行予定の『科学史通信』に掲載されます。それまでに変更点等が発生した場合には、科学史学会ホームページにてお知らせ致します。
  9. 連絡先
    〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地
    酪農学園大学教職センター(理科教育)山田大隆気付
    日本科学史学会 第61回年会総会準備委員会
    e-mail:h-yamada
    (後ろに@rakuno.ac.jpを追加してください)TEL:011-388-4708(山田研究室)、011-386-1383(事務室)
    FAX:011-388-4708(山田大隆宛明記のこと)

—-

日本科学史学会の2014年度総会・第61回年会の開催要領(第1回)

  1.  期日:2014年5月24日(土)、25日(日)
  2. 場所:酪農学園大学(北海道江別市文京台緑町582番地の1)
    (札幌市内より北東へ25kmの隣接市、JR函館本線「札幌」駅より普通で15分の「大麻」駅下車徒歩10分、千歳線JR「新札幌」駅から大学前へバス便10分あり)
  3.  一般講演:12月発行の『科学史通信』にてご案内します。エントリーの締め切りは2月末、講演予稿集の原稿締め切りは3月末を予定しております。今年度も科学史学会ホームページhttp://histoyofscience.jp/を利用した受付を行う予定です。
  4.  シンポジウム:一般講演と同様に12月より申し込み受付をはじめます。
  5.  宿泊:各自手配をお願いします(札幌市内は混んでおり、「新札幌」駅周辺がお勧めです)。
  6.  総会・年会準備委員会連絡先
    〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地 酪農学園大学教職センター(理科教育)山田大隆気付
    日本科学史学会 第61回年会総会準備委員会
    e-mail:h-yamada
    (後ろに@rakuno.ac.jpを追加してください)

TEL:011-388-4708(山田研究室)、011-386-1383(事務室)
FAX:011-388-4708(山田大隆宛明記のこと)