アメリカ技術史学会(the Society for the History of Technology, SHOT)年会のお知らせ

SHOTの年会は、4年に3度は米国内で、そして4年毎に米国以外で開催されております。本年度は、10月4日-7日、デンマークのコペンハーゲンで開催されました。

また、来年度は、10月10日-13日、米国、メーン州・ポートランドで開催されます。

現在、SHOTのホームページ(下記)で、2016年は東アジアの国で開催を予定しており、ホスト募集の案内が掲示されております。

http://www.historyoftechnology.org/annual_meeting.html

おめでとうございます.隠岐さや香会員 日本学術振興会賞を受賞

 この度,本学会の隠岐さや香会員が,日本学術振興会「第9回 日本学術振興会賞」の一人に選ばれました.受賞はもとより隠岐会員の研究成果の賜ですが,科学史分野の研究者が受賞者に選ばれたことは,日本科学史学会としても喜ばしい限りです.ここにご報告させていただきます.なお,科学史学会学術賞選考委員会は今回の賞に向けて隠岐会員を推薦をさせていただきました.
 詳しくは以下を参照ください.
 http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/kettei.html

12月15日(土)科学史学校開催のご案内「朝鮮製アストロラーブの発見」

画像

 第25期第5回科学史学校を12月15日(土)に開催します。

 「朝鮮製アストロラーブの発見」 宮島一彦  (中之島科学研究所・同志社大学)

 場所は、港区芝浦のキャンパス・イノ ベーションセンター東京5階リエゾンコーナ ー501ですので、お間違いのないようにお越しください。時間はこれまで同様の午後2時-4時です。1時30分より受付開始になります。多くの方 がたの参加をお待ちしています。

概要: 滋賀県近江八幡市の人の祖父が、戦前、朝 鮮の大邸在住中、1930年ころ購入し、敗戦の 混乱時にも失わずに日本に持ち帰った儀器は、 筆者の調べで、朝鮮製のアストロラーブであ ることが明らかとなった。中国人または朝鮮 人が、西洋から伝わった知識に基づき、東ア ジアの天文学の伝統に合わせてアレンジして 作った標準型アストロラーブはこれまで知ら れておらず、きわめて重要である。所蔵者か ら韓国の博物館に譲り渡された。

会場キャンパス・イノ ベーションセンター東京へのアクセス: http://www.cictokyo.jp/access.html 

ポスターはこちらからダウンロードできます 科学史学校201205