第10回(2015年度)日本科学史学会学会賞が決定しました

日本科学史学会賞が以下のように決定いたしました。
第10回(2015年度)日本科学史学会賞

日本科学史学会学術賞
該当者なし

日本科学史学会論文賞
天野陽子「内部環境概念からホメオスタシス概念への展開:ベルナール、ホールデン、ヘンダーソンそしてキャノン」『生物学史研究』90号 2014年3月刊

日本科学史学会学術奨励賞
由井秀樹『人工授精の近代-戦後の「家族」と医療・技術』、2015年3月青弓社、(立命館大学での博士論文を加筆したもの)
宮川卓也『帝国気象観測網の構築と「日本的気象学」の構想、1868-1945』(ソウル大学博士論文)
中尾麻伊香『放射能の探求から原子力の解放まで:戦前日本のポピュラーサイエンス』 (東京大学博士論文)

なお、受賞者に対する表彰が5月に行われます年会の懇親会にて行われます。

 

第9回日本科学史学会賞の決定

3月8日に開かれました学会賞選考委員会にて、第9回日本科学史学会賞を以下の通り決定しましたので、ご報告します。

第9回(2014年度)
日本科学史学会学術賞
該当者なし

日本科学史学会論文賞
杉本舞会員
対象論文
Mai SUGIMOTO, Edmund C. Berkeley as a Popularizer and an Educator of Computers and Symbolic Logic, Historia Scientiarum, Vol.23, No.1 (July 2013).

日本科学史学会学術奨励賞
永島 昂 会員

なお、年総会の懇親会において表彰式を開催する予定です。懇親会への多数のご参加をお待ちしております。

9月27日締切 日本科学史学会賞の公募

ただいま、第9回(2014年度)日本科学史学会賞(2014年9月27日締め切り)の学術賞・学術奨励賞の募集を行っております。奮ってご応募ください。

詳細は、以下のリンクをクリックしてください。
(応募要領へのリンクがわかりづらかったので修正いたしました。大変失礼しました。)
第9回(2014年度)日本科学史学会賞応募要領

第8回 日本科学史学会賞

日本科学史学会の学会賞が決まりました

2014年3月9日に開催された日本科学史学会賞選考委員会(第3回会議)および第3回全体委員会において、「第8回日本科学史学会賞」受賞者を下記のとおり決定いたしました。
◇日本科学史学会学術賞:該当なし
◇学術奨励賞:3件
和田正法会員、坂本邦暢会員、菊地原洋平会員
◇日本科学史論文賞:3件
対象論文
森脇靖子会員「外山亀太郎と明治期の蚕糸業における蚕の「種類改良」『科学史研究』、第II期 49(255), 163-173, 2010
宝月理恵(Hogetsu RIE)会員,From the Laboratory to the Kitchen: The Oral
History of Nutrition and its Application to the History of Science ,Historia
 Scientiarum, vol. 22, no. 2(2012): 125-141
小川眞里子会員「生体解剖実験反対運動に抗する生理学研究者」『生物学史研究』、86(2012):1-25.

2012年度(第7回)日本科学史学会賞の受賞者の写真

ギャラリー

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

日本大学で行われた日本科学史学会年会・総会の懇親会において、2012年度(第7回)学会賞の授与式が行われました。 左から:大淀昇一会員、木場篤彦会員、道家前会長、中村士会員、夏目賢一会員、中村真悟会員 ただいま2013年 … 続きを読む

インタビュー記事・次回通信のご案内

先日「第9回 日本学術振興会賞」を受賞された隠岐さや香会員がSYNODOS(シノドス)というウェブ媒体でインタビューを受けました。若手会員によって一般向けに科学史が紹介されることは珍しく、また大変好ましいことであるといえます。
文系? それとも理系? いや真ん中系。 ―― 「科学史」とは何か(学会外のサイトへのリンク)

以下、隠岐会員による紹介です。 続きを読む