29期(2016年度)科学史学校のポスターができました

今年度科学史学校のポスターができました。
ポスターは今週末の科学史学校、工学院大学での年総会にて配付致します。
(今年度科学史学校の概要はこちら)

科学史学校2015ポスターA2-06 科学史学校201204フライヤーβ04A4

ダウンロードされる方は下記のリンクをお使い下さい。

ポスター表面(1.03MB) | ポスター裏面(864KB)

 

2016年4月23日 科学史学校のご案内

日本科学史学会主催「科学史学校」 (予約不要・入場無料)
2016年度も「科学史学校」を実施いたします。4月の「科学史学校」は下記のとおりです。

日時:2016年4月23日(土)14:00~16:00
講師:田中 一郎 会員(金沢大学名誉教授)
演題:「ガリレオ神話を読み解く-ピサの斜塔と宗教裁判-」

<講演概要>
続きを読む

2016年2月27日 科学史学校のご案内

日本科学史学会主催「科学史学校」 (予約不要・入場無料)のお知らせです。
日時:2016年2月27日(土)14:00~16:00
講師:宝月 理恵 先生(お茶の水女子大学)
タイトル:「栄養学と台所革命ー昭和初期の食卓の口述史ー」
場所:日本大学理工学部駿河台校舎「1号館」7階171会議室 JR御茶ノ水駅より徒歩3分
(前回の5号館とは校舎が異なりますのでご注意ください)
<講演概要>
20世紀初頭の日本において、佐伯矩は栄養学の体系化をめざした。佐伯は栄養学を純粋科学のひとつとして位置づけ、実験に基づいた「科学的」で「合理的」な営みであるべきことを強調した。新しい知としての栄養学は、どのように家庭の主婦に伝えられ、実践されたのか。口述史料(オーラルヒストリー)を用いてその一端を考察するとともに、科学史研究に口述史料を活用することの可能性についても合わせて検討したい。


2015年12月5日 科学史学校のご案内

次回科学史学校のご案内です。

日時:2015年12月5日(土)午後2~4時
会場:日本大学理工学部駿河台校舎5号館2階524会議室
*前回(10月)と建物が異なりますので、ご確認の上お越しください。
参考:日本大学駿河台キャンパス・キャンパスマップ
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/information/surugadai.html

講演者:森脇靖子(元大阪大学)
タイトル:「外山亀太郎によるメンデリズムの受容と明治蚕糸業」
講演概要:東京帝国大学の外山亀太郎は1906年カイコを使ってメンデリズムを実証した。背景には日本生糸の粗製濫造に対する1890年以降の米国からの度重なる警告がある。外山は、メンデリズムに基づくカイコの品種改良を提唱し、1913年から原蚕種製造所でカイコの品種改良を指導して生糸の品質改善と輸出量の増大に貢献した。なぜ外山がメンデリズムを察知しカイコの品種改良を可能にしたのか、農学及び蚕糸業の動向を注視しながら考察する。

2015年10月24日科学史学校のお知らせ

普及委員会では、下記の通り「科学史学校」を開催いたします。
前回と同じキャンパスですが、建物が異なりますので、ご確認の上お越しください。

10月24日(土) 日本大学理工学部駿河台校舎1号館7階171教室
小川眞里子(三重大学名誉教授)
「動物虐待防止法とイギリスの生理学」
事前申し込み不要・参加費無料・自由参加

<講演要旨>
1870年代は微生物学研究の重要な時期であるが、その頃からイギリスでは動物を使う実験の残虐性が問題になってきていて、生物学者が十分な対応がとれないままに1876年に動物虐待防止法が制定されてしまった。動物愛護派と科学者側の法律制定までの攻防とその後の影響を明らかにする中でイギリス生理学の再興を考える。

8月24日科学史学校開催報告

科学史学校28期第3回

先日日本大学理工学部にて、第28期第3回科学史学校の講演が行われました。三重大学の和田正法さんに「工部大学校と日本の工学形成」と題するご講演をしていただきました。当日は20名を超す参加者がありました。次回は10月24日(土)小川眞里子会員による講演「動物虐待防止法とイギリスの生理学」の予定です。

2015年8月22日 科学史学校のご案内

本年度の第28期第3回科学史学校講演(今回は通常通り東京・御茶ノ水の日大・理工で開催)をお知らせいたします。今回は、和田正法さんに「工部大学校と日本の工学形成」と題するご講演をしていただきます。是非、ご参加下さい。

講師: 和田正法(三重大学)
題目: 「工部大学校と日本の工学形成」
日時: 2015年8月22日(土) 14:00~16:00 (13:30開場)
会場: 日本大学理工学部駿河台校舎5号館2階524会議室
( http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/google.html )
続きを読む

京都で「科学史学校」を開催しました

11721961_453576468137516_463394617_n

6月27日に、龍谷大学大宮キャンパスにて第28期第2回科学史学校が開催されました。
今回は、三浦伸夫会員(神戸大学)による「中世アラビア・ユダヤ・ラテン世界の科学交流-13世紀数学を中心として」講演が行われ、90名の参加がありました。

10月25日 第4回科学史学校のお知らせ

本年度の第27期第4回科学史学校のご講演をお知らせいたします。

今回は、木場篤彦さんに「『満州』の重工業化-本渓湖煤鉄公司の形成」と題する講演をしていただきます。
是非、ご参加ください。

講 師:木場篤彦(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)
テーマ:「『満州』の重工業化-本渓湖煤鉄公司の形成」
日 時:2014年10月25日(土) 14:00~16:00(13:30開場)
会 場:日本大学理工学部 1号館7階 171会議室
( http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/google.html )

講演概要: 続きを読む