2017年総会 プログラムの更新

香川大学で開催される年総会のプログラムで、『科学史通信』発行後変更がありましたので、
こちらに最新のプログラムを掲載いたします。

記念講演の演者である何森健先生は、希少糖の研究で非常に有名な方で希少糖普及協会顧問、国際希少糖学会理事長をされています。

プログラムはこちら

 

『科学史通信』年総会プログラム関連の掲載

『科学史通信』の発送が連休明けになる可能性がありますので、会員の便宜を図るために年総会関連の部分(最終校正用)を掲載します。最終的に印刷されたものと変更が発生している場合もありますので、ご了承いただいた上で閲覧ください。

科学史通信429号 年総会関連

 

2017年4月22日開催 科学史学校

本日の科学史学校の様子です。不安定な天気の中、ご参加いただいた皆様にお礼申し上げます。

2017年4月22日

塚原 東吾 先生(神戸大学)
「新しいシーボルト像―英雄史観、リロケーション、史料の活用法

国際会議関連情報(4月21日更新 割引期間の延長)

IUHPS木本忠昭会員より、以下の情報をいただきました。

第25回国際科学史技術史会議(リオデジャネイロ)の早期割引期限が延期されました。

The early registration deadline was extended until 30 April 2017. The early registration fee is BRL 704.00 (USD 220.00).

The late registration fee (from 1 May to 30 June 2017) is BRL 960.00 (USD 300.00).

Access the registration form and further information here.

なお、今後も諸種変更があるかも知れませんので、大会サイトを頻繁に参照されて下さい。また、ビザ申請手続きはくれぐれも早めにされて下さい。

2017年4月22日科学史学校のご案内

2017年4月22日 (土)14:00~16:00
日本科学史学会主催「科学史学校」
(予約不要・入場無料・どなたでもご参加いただけます)

塚原 東吾 先生(神戸大学)
「新しいシーボルト像―英雄史観、リロケーション、史料の活用法

<講演要旨>
本講演では、すでに人口に膾炙されているとも思われるシーボルトについて、科学史の面からの新しい見方を提示してゆくことにする。ここではいわゆる「科学史の英雄」としてのシーボルトという像がいまだに強く残りつつ崩壊していることや、近年、カピール・ラジらが提示する「リロケーション」(再配置・新解釈)によるシーボルトの科学的調査活動の再検討、そして史料の科学的・美学的・民俗学(マテリアル・カルチャー)などの領域で用いられる新たな分析手法などについて、最新の話題を紹介してゆきたい。

場所:日本大学理工学部駿河台校舎「1号館」7階171会議室
JR御茶ノ水駅より徒歩3分
(5号館とは校舎が異なりますのでご注意ください)
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/information/surugadai.html

国際会議関連情報を更新しました

●2017年7月、次回科学史国際会議はブラジル・リオデジャネイロにて開催予定です。

2017年3月19日情報

内容

  1. 早期割引会費支払期限について
  2. プログラムの公開について
  3. ビザの取得について
  4. 現地の安全対策について
  5. 参加者はご連絡ください
  6. 2016年12月に行われたリオデジャネイロの理事会について