情報提供:2017年11月1日第2回気象学史研究会

[`evernote` not found]

下記の情報を頂きましたので、御紹介いたします。
—-
日本気象学会気象学史研究連絡会では、日本科学史学会北海道支部のご後援をいただき、2017年11月1日(水)札幌市において「第2回気象学史研究会」を開催いたします。参加費は無料で、どなたでもご自由にご参加いただけます。

第2回気象学史研究会「北海道初期の気象観測」
主催:日本気象学会気象学史研究連絡会
後援:日本科学史学会北海道支部
2017年11月1日(水)17:30~19:30(日本気象学会2017年度秋季大会第3日目夜)
北海道大学学術交流会館第1会議室(札幌市北区北8条西5丁目・大会C会場)
プログラム
財部香枝(中部大学)「明治初期北海道における気象観測:御雇米国人の活動を中心に」
財城真寿美(成蹊大学)・三上岳彦(帝京大学)「19世紀の在箱館ロシア領事館における気象観測記録」
参加費:無料。どなたでもご自由にご参加ください。当日「参加者名簿」へのお名前の記載にご協力お願いいたします。

開催趣旨、講演要旨等詳細は日本気象学会気象学史研究連絡会ウェブサイトをご参照ください。
https://sites.google.com/site/meteorolhistoryjp/home

お問い合わせ:山本哲(気象研究所) 連絡先は上記ウェブサイト内の「連絡先」をご参照ください。メールフォームもご用意しています。