送付物のお詫び


日本科学史学会会員各位

お詫び

すでにお手にされているかとは存じますが、『科学史研究』278号及び『科学史通信』426号に加えて、学会費が未納な方には振替用紙を同封させて頂きました。その際、送付作業を依頼した業者が、宛名と別の会員名の振替用紙を誤って封入し、お送りしてしまった事例が複数見られることが判明しました。本人以外の会員の会費納入状況を窺わせる場合もあり、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

つきましては、後日誤りのない確認後の振替用紙をお送り致します。お手数をお掛けし大変恐縮ですが、過日送らせて頂いた振替用紙は記されたお名前がご本人様でありましても、廃棄処分にして頂けると幸いでございます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。