12月5・6日国際コロックのご案内


東慎一郎会員より、下記の研究会案内をいただきましたので、掲載いたします。

■12月5日(土),6日(日) 中世~17世紀ヨーロッパの科学史,学問論史,哲学史についての国際コロック

上記主題に関する国際コロックを,東京で以下の予定にて開催します.ご関心のある方はふるってご参加下さい.  東海大学総合教育センター 東慎一郎

▼12月5日(土),10:30 – 16:30

国際コロック:“Penser les sciences du Moyen Âge à l’Âge Classique. Réflexions philosophiques autour de la nature et les fondements des sciences” (「中世から古典主義時代までの学問論――諸学の本性と根拠をめぐる哲学的考察をめぐって」)

– Joël Biard : « Le statut de la psychologie (scientia de anima) au XIVe siècle »
– Shin Higashi : « Les philosophes face aux sciences à la Renaissance »
– Élodie Cassan : « Science et modernité chez Descartes »

・場所:東海大学代々木キャンパス 2号館2C11教室

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷 2-28-4 (京王井の頭線「駒場東大前」駅,小田急小田原線「代々木上原」駅からそれぞれ徒歩13分)

▼12月6日(日),13 :00-16 :00

国際コロック:“Le projet de la philosophie au Moyen Âge et à l’Âge Classique. L’homme, la nature, le savoir” (「中世から古典主義時代までの,哲学のプロジェクト――人間,自然,知」)

– Joël Biard : « Débats sur le vide et l’infini du Moyen Âge à l’Âge classique »
– Élodie Cassan : « Le problème du langage chez Descartes et les postcartésiens »

司会 東慎一郎
・場所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館8階ホール
〒151-0063 東京都港区三田 2-15-45

※どちらも予約,入場料不要.土日で場所が変わりますのでご注意下さい.
※どちらも使用言語はフランス語,英語版縮約テキストあり.
※平成27度日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤研究 (C) (課題番号26350364)「ルネサンスの批判的学問論の研究――ペトラルカ,サルターティ,ベイコンを中心に」(研究代表者 東海大学総合教育センター 東慎一郎)の後援による.
※連絡先:東海大学総合教育センター 東慎一郎 higashi@tsc.u-tokai.ac.jp

  • 発表者等紹介

– Joël Biard   トゥール大学教授,フランス大学研究所(Institut universitaire de France)メンバー.専門は中世の言語哲学,自然哲学.著書編著に Joël Biard, Science et nature. La conception buridanienne de savoir (Vrin, 2012); Joël Biard, Sabine Rommevaux (eds), La nature et le vide dans la physique médiévale. Études dédiées à Edward Grant (Brepols, 2012) ほか.
– Élodie Cassan   CNRS(フランス国立科学研究所)研究員,哲学教授資格者,高校哲学教員.専門はデカルトおよび17世紀の哲学.著書編著に Élodie Cassan, Les Chemins cartésiens du jugement (Honoré Champion, 2015); Denis Kambouchner, Frédéric de Buzon, Élodie Cassan (eds), Lectures de Descartes (Ellipses, 2015) ほか.
– Shin Higashi(東慎一郎)   東海大学総合教育センター准教授.専門はルネサンスおよび初期近代の科学史と学問論史.論文に « La philosophie des mathématiques chez Toledo et les commentateurs de Coïmbra », Physis 16 (2009), pp. 15-53 ; “Objects and Demonstrations in the Philosophy of Mathematics of Alessandro Piccolomini,” in I.M. Vandoulakis, Liu Dun (eds), Navigating across Mathematical Cultures and Times: Exploring the Diversity of Discoveries and Proofs, Singapore, World Scientific Publisher (forthcoming) ほか.訳書にジョン・ヘンリー『一七世紀科学革命』(東慎一郎訳,岩波書店,2005年),共訳書にルネ・デカルト『デカルト全書簡集 第2巻(1637-1638)』,武田裕紀ほか訳(知泉書館,2014年)ほか.

以下、パンフレットへのリンク

affiche_Penser_les_sciences_v1[1]

affiche_Projet_philosophie_v1[1]